このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Hack U 同志社ローム記念館 2014

  • [説明会] 2014年08月08日(金)
  • [開発期間] 2014年08月08日(金)~09月01日(月)
  • [発表・表彰] 2014年09月02日(火)

受賞作品

  1. 最優秀賞、Happy Hacking賞

    ヒトリス

    りんごちゃん/古田 貴久さん、宮川 隆浩さん、西原 良太さん、Madhurya Singhさん、今入 康友さん

    テトリスをKinectでハックしました。
    テトリスのブロックに合うように人間が形を変えて、うまくブロックとマッチングがとれるとブロックが落ち始めます。テトリスのブロックには、マッチングしている人間がマッピングされるので、実際はブロックではなく、その形をした人間が落ちてきます。
    見ていて楽しくなるものをテーマに作りました。

    ヒトリスの画像
  2. 同志社ローム記念館賞

    DOORS+, RKP

    L**man Brothers/國島 惠真さん、北島 秀有記さん

    同志社大学での学生生活をほんの少しだけ便利にしてくれるサービス...
    こんなことでお困りではありませんか?
    ・図書館で本が見つからない
    ・どの科目を履修すれば良いのか分からない
    あなたのお悩みを解消するお手伝いをさせていただきます。

    DOORS+, RKPの画像

Hack U 同志社ローム記念館 2014とは?

プログラミングやデザインを通して、あなたのアイデアを形にしてみませんか?
Hack U(ハック・ユー)は、学生のための「ものづくり体験イベント」です。


Hackとは、創意工夫のこと。
世界中のYahoo!で開催されている開発コンテスト"Hack Day"をベースに、Yahoo! JAPANと教育機関が共同開催しているのが"Hack U"です。
ものづくりの楽しさに出逢う機会となるよう、Yahoo! JAPANの現職社員がみなさんのサポートにつきます。

Hack U のよいところ

  1. プログラミングスキルが少ない人も、アイデアを形にしていく経験ができます。
  2. プログラミングスキルがある人は、Yahoo! JAPANの現職エンジニアから直接ノウハウを学ぶことで、スキルアップを図れます。
  3. 現職エンジニアとのコミュニケーション機会やWeb業界を垣間見られた体験は、就職活動においても大きなPRとなることでしょう。


開催概要

説明会、チュートリアル 2014年8月8日(金)15:00~16:30
同志社大学 京田辺キャンパス 恵道館 KD101・102
開発期間 2014年8月8日(金)~2014年9月1日(月)
技術相談会 開発期間中に2回開催します。
2014年8月19日(火)15:00~
同志社大学 同志社ローム記念館2階 オープンスペース
2014年8月29日(金)15:00~
同志社大学 同志社ローム記念館2階 オープンスペース
発表会 2014年9月2日(火)15:00~
同志社大学 同志社ローム記念館 劇場空間
募集資格 同志社大学・同志社女子大学に所属する学生および大学院生
  • 2人以上のチームでエントリーしてください。
  • 基本ルールに沿って開発ができるメンバー構成にしてください。
  • エントリーしたチームは、メンバー1名以上が必ず説明会に参加してください。
募集定員 先着20チーム
エントリー方法 同志社大学 同志社ローム記念館事務室にて受け付けます。
チーム代表者がエントリーシートに「チーム名」「人数」「代表者名前」、「メールアドレス」、「電話番号」、「メンバーリスト(氏名、学部学科学年)」、「Hack Uでやってみたいこと」を記入し、提出してください。
エントリーシートは同志社ローム記念館内に設置しています。
同志社ローム記念館Webサイトからもダウンロードできます。
エントリー期限 2014年8月8日(金)17:00 <先着順>
審査基準 以下を総合的に判断します。
  • 新規性(技術や組み合わせのオリジナリティがあるか)
  • 技術性(利用している技術は高度か)
  • 発展性(将来どの程度の波及効果が期待できるか)
  • 再現性(デモだけではなく実サービスとして運用可能か)

制限時間内でうまくアピールして受賞を狙いましょう。
審査員からのコメントで自分の作品に対するフィードバックが受けられます。
アワード 審査員が優秀な作品を複数選定して、表彰および発表チームに副賞を贈呈します。
主催 同志社ローム記念館プロジェクト運営委員会
協力 ヤフー株式会社

ルール

  • 作品は発表会においてデモや説明ビデオなどでプレゼンができるものとする
  • 作品はプログラミングに関係あるものとする
  • オリジナル作品とする
  • 過去に作ったものをそのまま作品として発表してはいけない
  • 開発環境は何を用いてもよい(外部有料サーバーなどを用いても良い)
  • Yahoo! JAPAN以外のAPIを使用しても構わない(ただしライセンスなどには十分注意すること)
  • 公序良俗に反した作品としない

技術サポート

  • チュートリアル

    Yahoo! Open Local Platform
    解説資料 (pdf)

  • 技術的な質問について

    開発において困ることは可能な限りYahoo! JAPANのエンジニアがサポートします。
    以下の2種類の方法で質問が可能です。

    • 単発的な質問
      随時メール hacku-pj@mail.yahoo.co.jp で受け付けます。
    • 複雑な質問や方向性の相談など
      技術相談会でチューターが受け付けます。
本文はここまでです このページの先頭へ