このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Hack U at 京都工芸繊維大学 2013

  • [説明会] 2013年09月03日(火)
  • [開発期間] 2013年09月03日(火)~09月08日(日)
  • [発表・表彰] 2013年09月09日(月)

受賞作品

  1. Yahoo!JAPAN賞

    RSS ANDORNOT

    山小舎

    RSSの絞り込みを技術者では当たり前のAND検索、OR検索、NOT検索を誰でも分かりやすいインターフェイスで実現し、柔軟性をもった検索を可能にしました。

  2. 情報工学部門賞

    スマホスロー

    名簿後半組/和久大悟さん、森啓太さん、吉田孝行さん

    スマホを投げて楽しむことができないだろうか?そんなテーマで開発してみました。

Hack U at 京都工芸繊維大学 2013とは?

Yahoo! JAPANのエンジニア祭典「Hack Day」(※)が「Hack U」として京都工芸繊維大学にやってきます。Hack Dayは24時間で作品を完成させるルールですが、今回のHack Uでは一週間の期間が与えられます。この一週間で創造力を振り絞り、今まで誰も見たことがない創造性豊かな作品を完成させてください。


みなさんがHack Uに参加すると以下のメリットがあります。
  • 実践的技術が身に付く!
  • 自分のアイデアが形になる喜びを味わえる!
  • 優れた作品を発表すれば賞品がもらえる!

Hack Uでは、プログラムに自信がない方の参加も歓迎します。今はプログラムに自信がなくても、期間中に開催されるチュートリアルで技術について学んでいただけますし、メールやSNSを通じて技術相談もおこないますから、アイデアだけで凄い作品が作れるようになります。すでに腕に自信がある人はもちろん、今からスキルアップを図りたい人も恐れずにチャレンジしましょう!

※Hack Day : Yahoo! JAPANで年に2回開催されている開発イベント



開催概要

説明会 2013年9月3日(火)15:00〜17:00
京都工芸繊維大学 3号館0311
開発期間 2013年9月3日(火)〜9月8日(日)
発表会 2013年9月9日(月)14:30〜18:30
京都工芸繊維大学 3号館0311
  • 制限時間内でうまくアピールして受賞を狙いましょう
  • 審査員からのコメントで自分の作品に対するフィードバックが受けられます
  • 発表会の後懇親会を予定しております。軽食をご用意いたしますので他のチーム、チューター、審査員との交流をお楽しみください。
エントリー方法 kit_yhack@yahoo.co.jp に、代表者の氏名、学籍番号、チーム全員の氏名、学籍番号を記載の上、参加希望と送信して下さい
※エントリーは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
エントリー期間 2013年8月25日(日)まで
チームに関して 人数は最大五名までとします。1人でも参加可能です
チューターについて
  • 説明会の場で各チームをサポートするチューターをご紹介します。
  • その場で質問や進め方について相談してもらえます。開発期間中は更にメールやSNSを通じて何でも相談してください。
発表会での審査基準 以下を総合的に判断します。
  • 新規性(技術や組み合わせのオリジナリティがあるか)
  • 技術性(利用している技術は高度か)
  • 発展性(将来どの程度の波及効果が期待できるか)
  • 再現性(デモだけではなく実サービスとして運用可能か)
アワード 審査員が優秀な作品を複数選定して、表彰および発表チームに副賞を贈呈します。
主催 Yahoo! JAPAN
共催 京都工芸繊維大学 情報工学専攻/課程

ルール

  • チームの代表者は京都工芸繊維大学 情報工学専攻/課程の学生とする
  • 作品は発表会においてデモや説明ビデオなどでプレゼンができるものとする
  • 作品はソフトウェア、ハードウェア、その融合など何でもよい
  • オリジナル作品とする
  • 過去に作ったものをそのまま作品として発表してはいけない
  • 開発環境は何を用いてもよい(外部有料サーバーなどを用いても良い)
  • Yahoo! JAPAN以外のAPIを使用しても構わない(ただしライセンスなどには十分注意すること)
  • 公序良俗に反した作品としない

技術サポート

  • 技術的な質問について

    開発において困ることは可能な限りYahoo! JAPANのエンジニアがサポートします。
    随時メール hacku-pj@mail.yahoo.co.jp で受け付けます。
    何でもチューターに聞いてみてください。

本文はここまでです このページの先頭へ