このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Hack U お茶の水女子大学 2014

  • [説明会] 2014年07月16日(水)
  • [開発期間] 2014年07月21日(月)~09月25日(木)
  • [発表・表彰] 2014年09月26日(金)

発表会2014年09月26日15時 / ヤフー株式会社

  • 写真
  • 写真
  • 写真

受賞作品

  1. 最優秀賞

    UFOキャッチャーの景品を獲りたいんだが、いくら課金すればいいのかわからない

    いおり(仮)

    ゲームセンターの景品の写真を撮るだけで、ヤフオク!取引価格と比較し、課金目安が分かるアプリ

    UFOキャッチャーの景品を獲りたいんだが、いくら課金すればいいのかわからないの画像
  2. ガーリーアイデア賞

    そばにいるよ

    PICNIC

    Twitter相互フォローになっている人に限定した、近くの友達と簡単に待ち合わせができるAndroidアプリ

    そばにいるよの画像
  3. 技術賞

    SYUHOO!

    とちおとめ-girls

    現状の不足栄養素を分析し、栄養バランスを整える食事を提案するアプリ

    SYUHOO!の画像

Hack U お茶の水女子大学 2014とは?

プログラミングやデザインを通して、あなたのアイデアを形にしてみませんか?
Hack U(ハック・ユー)は、学生のための「ものづくり体験イベント」です。

Hackとは、創意工夫のこと。
世界中のYahoo!で開催されている開発コンテスト"Hack Day"をベースに、Yahoo! JAPANと教育機関が共同開催しているのが"Hack U"です。
ものづくりの楽しさに出逢う機会となるよう、Yahoo! JAPANの現職社員がみなさんのサポートにつきます。

Hack U のよいところ

  1. プログラミングのスキルを持つ人にとっては、Yahoo! JAPANのエンジニアからノウハウを直接得ることができ、大きなスキルアップを図れます。特に、Yahoo! JAPANが提供するAPIなど大規模WebAPIリソースを利活用する実用的スキルを学ぶことができます。
  2. プログラミングのスキルを持たない人も、新しいアイデアを形にしていく経験を積むことができます。
  3. Yahoo! JAPANの現役エンジニアとのコミュニケーションは、今後のもの作りに欠かせない貴重な体験となります。


開催概要

概要 ものづくり体験。サポートを受けながら、あなたのアイデアを元にプログラミングして下さい。
おおまかな流れ 楽しさを伝える特別講義 → 参加者向けの作り方アドバイス講義 → 提案・開発 → チューターによる技術相談会 → 仕上げ → プレゼン
テーマ 「インターネットの道具を使ってみよう!」

ネットには、タダで使える道具がいっぱい転がっています。
何でもかんでも、 全て自分でプログラミングする必要はありません。
ブロックのように組み合わせて、どんなことができるか試してみませんか?
授業ではやらないような、インターネットを使ったプログラムで遊んでみましょう!
参加資格 お茶の水女子大学 情報科学科・コース・領域の在学生
参加費用 無料(交通費は自己負担)
エントリー方法・期限 エントリー方法:教員からの告知メールや、校内で配布するチラシをご確認ください。
エントリー期限:2014年7月21日(月・祝)
チームに関して 作品作りは、1名での参加、数名でのチーム参加、どちらでも可能です。
各チームには、Yahoo! JAPANの現職社員がチューターとして付き、サポートにあたります。
発表会での審査基準 以下を総合的に判断します。
  • 新規性(目新しさや斬新さの光るアイデアか)
  • 有用性(役に立つか)
  • デザイン性(作品デザインが優れているか)

プレゼンの出来も審査基準に含めます。
主催 ヤフー株式会社
協力 お茶の水女子大学 理学部情報科学科

ルール

  • オリジナル作品であること。(過去に作ったものをそのまま発表するのはNG)
  • 発表会において、デモンストレーションができる作品であること。(PowerPoint等の提案資料だけではなく、何かしらの動くプロトタイプを作ってみましょう)
  • 今回のテーマ「インターネットの道具を使ってみよう」に沿い、何かしらのネット通信がある作品であること。(ネットに繋がっていないパソコンやスマートフォンでも見られる作品は、NGです)
  • 公序良俗に反さないこと。
  • 作品に使うテクノロジの制限はありません。(ソフトウェア/ハードウェア/パソコン/スマートフォン/電子工作/その他なにを融合させてもOK)
  • 作品に使う開発環境も、制限はありません。(Mac/Windows/学内の演習PC/参加者自身が契約した有料サーバー、など好きなものを)
  • ヤフーではない他社製WebAPIの使用もOKです。但しライセンスには十分注意すること。
  • イベントを通して生まれた知的財産は、それを開発した学生本人に帰属します。

技術サポート

  • チュートリアル

    • 2014/7/16説明会(YouTube)
      (Hack Uのご紹介/Yahoo! JAPAN女性社員トークセッション/タダでネットの道具を使ってみよう)
  • 技術的な質問について

    開発において困ったことは、可能な限りYahoo! JAPANのエンジニアがサポートします。

    • イベントについての単発的な質問:
      随時メール hacku-pj@mail.yahoo.co.jp で受け付けます
    • 技術的な質問、方向性の相談など:
      担当として付いたチューターがお答えします
本文はここまでです このページの先頭へ