このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Open Hack U 2014

  • [説明会] 2014年10月31日(金)
  • [開発期間] 2014年11月01日(土)~11月28日(金)
  • [発表・表彰] 2014年11月29日(土)
Open Hack U 2014のキービジュアル画像

発表会2014年11月29日13時 / ヤフー株式会社 アークヒルズ サウスタワー セミナールーム

  • 写真
  • 写真
  • 写真

受賞作品

Open Hack U 2014とは?

世界のYahoo!で開催されている開発イベント「Hack Day」は、自由にアイデアを創造し、実際に開発し、完成した作品を発表します。
普段の業務から離れ、自由な発想で、好きな技術を使って開発に取り組める クリエイティブマインドに溢れるHack Dayは、Yahoo! JAPAN社内で300人近くの参加者を集める人気イベントです。

2013年12月、学生向けのオープンなHack Dayとして"Inter Hack U 2013"を初開催。今年度は「Open Hack U 2014」として第2回目の開催となります。
全国の学生と出会い、切磋琢磨し、新しい発想・技術に触れて、素晴らしいHackを共に生み出しましょう。



開催概要

説明会 2014年10月31日 17:00-20:00
場所 ヤフー株式会社 ミッドタウン・タワー セミナールーム1166-1167(入退場自由、途中まで・途中からの参加も構いません)
開発期間 2014年11月1日〜11月28日
発表会 2014年11月29日
参加資格
  • 学生であり、本イベント向けにオリジナル作品を自力でプログラミング開発することが可能な方(社会人学生は除く)
  • 2014年11月29日(土)東京都港区六本木アークヒルズ サウスタワーでの発表会に、チームメンバーのうち少なくとも1名が参加し、発表が可能なこと。(発表会場までの移動、交通宿泊費は自己負担となります)
  • 参加条件に同意できること
  • 参加条件
    【開発について】
  • 開発手法・言語・環境は何を用いても構いません。またヤフー提供以外のAPIを使用しても構いません。OSSの利用も可ですが、何れも提供元のライセンス等を順守し、利用に十分注意してください。
  • 参加者自身のアイデア、知識、技術スキルを用いて開発を行ってください。他者の知的財産権を侵害したり、大学等の教育機関や勤務先の企業、団体等の情報を使用しないでください。
  • 【情報の公開、取扱について】
  • Open Hack Uは公開イベントです。発表はUstream等で中継され、その様子は動画その他方法でアーカイブされます。また、ヤフーのホームページや各種マスメディア等において発表の様子や作品詳細を含む情報が公開される場合があります。
  • 参加申込に当たって、参加者の氏名、連絡先をご登録いただきます。登録いただいた情報は、Open Hack U運営に関する確認、連絡、その他のヤフーからの連絡のために利用させていただきます。

  • エントリー方法 Yahoo! PassMarketで無料の参加登録チケットを購入
    チームに関して チーム登録は先着30チームのみ
    アワード 発表会にて審査員が優秀作品を複数選定して、発表チームを表彰し副賞を贈呈します。最優秀作品を発表したチームは、2015年2月にヤフー本社で開催されるHack DayにHack U優勝チームとしてご招待いたします!
    審査員と審査基準
    最優秀賞技術、デザイン、アイデアが総合的に優れている作品
    審査員 / CMO 村上 臣
    HappyHacking賞(投票賞)作品発表の後に行われる懇親会での投票により決定
    審査方法 / 投票
    スマートフォン解放賞スマートフォンの機能を活用し課題解決しているか?例:GPS/加速度センサー/ジャイロ/カメラなど、スマートフォンを使うユーザーに選択の自由を与えられているか?(スマートフォンを使っている人が当たり前に感じているが実は利用が縛られている物を解決する)
    審査員 / COO事業推進本部TD 塚田 大樹、COO事業推進本部 岡 昌樹
    MSC賞クリエイティブ、新しい広告商品等内容不問、Yahoo! JAPANのトップページやスマートフォンの広告商品の新しい提案等、世の中にイノベーションを起こすプロダクト
    審査員 / マーケティングソリューションカンパニー 黒武者 健一、マーケティングソリューションカンパニー 李 ナレ
    ヤフオク!賞ヤフオク!のAPIを駆使し、モノを買いたいもしくは売りたい人の本質的課題を解決するプロダクト 若者層を中心に受け入れられ、使う人がワクワクし、サービスを繰り返し使いたくなるプロダクト
    審査員 / ヤフオク!カンパニー 大河内 敦、ヤフオク!カンパニー 頼岡 徳学
    Y!ボックス賞「大切なデータ、思い出を無くしたくない」という課題を解決してください Y!ボックスのAPIを利用し(利用せずとも可)、「安心・安全」をキーワードとしたアプリ
    審査員 / パーソナルサービスカンパニー 瀬川 秀樹
    マップイノベーション賞地図や位置情報を使った日々の生活が「便利」になる新しいサービス
    審査員 / システム統括本部 二宮 一浩
    Yahoo!基金賞世の中を少しでも良くする(社会の課題解決)ことをテーマとしたサービス開発に取り組む団体、デモレベルに留まらずサービスリリースまで持っていく気概のある団体、Webサービス、アプリ等の形態は問わないが、インターネットを活用していること
    審査員 / 社長室 松本 裕也
    YJFX!賞投資初心者にもわかりやすい、為替レートの新しい見せ方やおもしろい仕組みを作ってくれた作品、投資初心者がFXのことが楽しくなるようなアイデア
    審査員 / ワイジェイFX 正木 美雪、ワイジェイFX 笹原 拓
    ワイモバイル賞貸出するUSBデータ端末を使って、誰かの役に立つシステムを開発してください
    審査員 / ワイモバイル株式会社 遠藤 靖志、株式会社エイビット 山下 聡一
    主催 ヤフー株式会社

    ルール

    • 発表作品はプログラミングに関係あるもので、本イベント向けに開発したオリジナル作品とします。過去に開発、発表したものをそのまま発表してはいけません。
    • 公序良俗に反した作品は禁止とします。
    • 発表会においてデモや説明ビデオなどで規定時間内でのプレゼンテーションを実施いただきます。

    技術サポート

    • 開発期間中の各種相談について

        開発期間中、ヤフーの社員が可能な範囲でサポートします(アイデア、ビジネスモデル、Android・iOSアプリ、各種言語、画面デザイン等)。以下の2種類の方法で相談が可能です。

      • メール等でのオンライン相談
        Open Hack U事務局で受け付けます(ご相談内容によっては、FaceTimeやその他のコミュニケーションツールをご案内する場合があります)。
      • 直接対面してのオフライン相談
        担当チューターとの対面での開発相談会を2回開催する予定です(東京会場のミッドタウンの他に、大阪、名古屋会場も予定しています)。日時等の詳細は別途お知らせします。
    本文はここまでです このページの先頭へ