このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Hack U 早稲田大学 2014

  • [説明会] 2014年09月25日(木)
  • [開発期間] 2014年09月25日(木)~10月31日(金)
  • [発表・表彰] 2014年11月01日(土)

発表会2014年11月01日13時 / 早稲田大学

  • 写真
  • 写真

受賞作品

  1. ヤフー賞

    Pictam

    Real Sakai Lab

    赤信号待ちのイライラを楽しい時間に 飛び出すAR赤信号

    Pictamの画像
  2. 早稲田賞

    MixTube

    YLab.

    動画を通して、人とつながっていくサービス

    MixTubeの画像

Hack U 早稲田大学 2014とは?

プログラミングやデザインを通して、あなたのアイデアを形にしてみませんか?


Hack U(ハック・ユー)は、限られた期間の中で、学生がプロダクトを自ら企画・開発・発表するイベントです。ものづくりの楽しさを体現できるよい機会となるよう、ヤフーの現役社員が学生のみなさんを全力でサポートいたします。


Hack Uで体験できること

  • アイデア立案からプロダクトを開発し、見える形にして発表するという、ウェブ業界のものづくりを経験できます。
  • ヤフーの現役社員(エンジニア・デザイナー・プランナー)から直接アドバイスを受け、ウェブ業界の実践ノウハウを学ぶことができます。
  • 同じ条件でチャレンジした他のチーム同士が互いに励まし合い競争し合う中で、共に向上することができます。
  • 優秀なプロダクトと認められたチームは表彰され、賞品を贈呈されます。


開催概要

説明会 2014年9月25日 17:30-19:00
場所 早稲田大学西早稲田キャンパス 62W号館 1階 大会議室(入退場自由、途中まで・途中からの参加も構いません)
開発期間 通年コース:2014年5月13日〜10月31日
※情報理工・情報通信専攻 プロジェクト研究科目履修生が対象のコースです。
短期コース:2014年9月25日〜10月31日
発表会 2014年11月1日(第61回 理工展にて一般公開)
参加資格 早稲田大学基幹理工学部情報理工学科、情報通信学科、基幹理工学研究科情報理工学専攻、情報理工・情報通信専攻の所属学生(学年を問わず)
エントリー方法 hack-u-2014@list.waseda.jp 宛に以下項目を記入のうえ2014年10月3日までに送付
  • チーム名(仮):
  • 代表者氏名:
  • 学部学科:
  • 連絡先メールアドレス:
  • チームメンバー名:
チームに関して 1チームあたりの人数に制限はありません。1人でも参加可能です。
アワード 発表会にて審査員が優秀作品を複数選定して、発表チームを表彰し副賞を贈呈します。最優秀作品を発表したチームは、2015年2月にヤフー本社で開催されるHack DayにHack U優勝チームとしてご招待いたします!
発表会での審査基準 以下を総合的に判断します。
  • 新規性(技術や組み合わせのオリジナリティがあるか)
  • 技術性(利用している技術は高度か)
  • 発展性(将来どの程度の波及効果が期待できるか)
  • 再現性(アイデア、プレゼンテーションだけではなく実際に動くものがあるか)
審査員 早稲田大学基幹理工学部情報理工学科・情報通信学科教授陣 、ヤフー株式会社社員
主催 早稲田大学基幹理工学部情報理工学科・情報通信学科、ヤフー株式会社

ルール

  • 作品は発表会において実機デモや説明ビデオなどでプレゼンテーションができるものとする
  • 作品はソフトウエア、ハードウエア、その融合など何でもよい
  • 全ての日程に参加できなくてもよいが、発表作品の開発は期間内で行う
  • 発表物は参加者自身で開発したオリジナル作品とする。期間内で開発したものを発表対象とし、過去に作成、発表したものをそのまま発表してはならない
  • 開発環境は何を用いてもよい(外部有料サーバーなどを用いてもよい)
  • ヤフー以外が提供するAPIを使用しても構わない(ただしライセンスなどには十分注意すること)
  • 公序良俗に反した作品としない
  • 作成された発表物の知的財産権は、発明・考案者自身に帰属する

技術サポート

  • 開発においてご質問・ご相談があれば、可能な限りヤフーのエンジニアがサポートします。

    以下の2種類の方法で質問が可能です。

    • イベントに関する質問:
      随時メール hack-u-2014@list.waseda.jp で受け付けます。
    • 実装面での複雑な質問や方向性の相談など:
      Face-to-Faceの技術相談会や、個別の連絡手段でサポートいたします。詳細はエントリーしていただいた参加者に別途ご案内いたします。
本文はここまでです このページの先頭へ