このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

【学生によるHack作品】

  1. Hack U 2018 大阪会場 最優秀作品

    カシスオレンジから始まる恋

    • えんじょいはっぴー
    • 「カシスオレンジ1つ…」。ふと立ち寄ったこじんまりと佇むバーに響く声。そのバーではBGMが注文するお酒によって変化すると言われている。カクテルやリキュールなど、客が注文するお酒によって1つの音楽が完成する。さらに、音楽に合わせてテーブルの模様が移り変わっていく。お客の注文(コール)によって、得られる新体験のレスポンスをどうぞお楽しみください!
    Hack U 2018 大阪会場の画像
  2. Hack U 2018 福岡会場 最優秀作品

    もう君を枯らさんけん

    • はらとおるLab
    • 植物を育てたくても枯らしてしまう・・・そんな悲しい経験をもうしないために開発しました、その名も「もう君を枯らさんけん」slackとRaspberry Piにより植物との対話を可能としました。水がなければ喉が渇いたと言い、日光がないとげんなりし…でもわがままばかりではありません、水やりすれば喜びます、愚痴れば励ましてくれます。こんな魅力的な植物との共同生活、あなたも送ってみませんか?
    Hack U 2018 福岡会場の画像
  3. Hack U 2018 名古屋会場 最優秀作品

    Edimachines

    • 徹夜同好会
    • 今、コンピュータを扱い始める年代がより若年化していっています。そこで、私たちは小・中学生向けのパソコンの原理を学ぶ教育用アプリ『Edimachines』を提案しました。『Edimachines』はVRを用いた仮想空間内でパソコンの中を自由に冒険し、より視覚的・直感的にコンピュータが計算する原理を理解できるアプリとなっています。
    Hack U 2018 名古屋会場の画像
  4. Hack U 2018 東京会場 最優秀作品

    ARetter

    • Chapopo
    • 自分の好きな画像をARマーカとして登録でき、それに動画のメッセージを紐付け、そのマーカーを読み込んだ人にメッセージを伝える。
    Hack U 2018 東京会場の画像

【Hack Day で生まれた作品】

本文はここまでです このページの先頭へ