このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

終了 Hack U 2019 NAGOYA

  • [開発期間] 2019年08月01日(木)~08月20日(火)
  • [発表・表彰] 2019年08月21日(水)
Hack U 2019 NAGOYAのキービジュアル画像

発表会2019年08月21日13時 / JRセントラルタワーズ50階

受賞作品

  1. 最優秀賞

    火の用心

    I can do it!

    「投稿完了!」もしこの投稿が炎上したら困るなあ…炎上しそうかしないかわかったらいいのになぁ…そんな時!!『火の用心』を使えば画像や文が炎上するかしないかを予想でき、炎上しないためのアドバイスも貰えます!炎上したくないあなた!この『火の用心』をお試しあれ!!

    火の用心 の画像
  2. 優秀賞

    compass roulette

    NHK

    Webのコンパスはスマホをぐるぐると回すと方向が狂い針が変なところをさします。それを利用した面白いものを作ろうと考えた結果、方向を狂わせたコンパスをルーレットとして利用したものを作ろうと思いました。これを使うことで優柔不断の人もスパッと決めれます!

    compass rouletteの画像
  3. 優秀賞

    じゃんけんプログラマー

    Desire and Honor

    このアプリケーションはじゃんけんのプログラムを作成し戦わせるアプリケーションです。ユーザーはプログラム言語のpythonを使い、プログラミングをし、対戦を300回行い勝利数が多い方が勝利となります。

    じゃんけんプログラマーの画像
  4. ヤフー賞

    AFC

    キャッサバ

    AFCはAutomatic Flower Conditionerの略で、自動的に花に水をあげる装置になっています。AFCには様々なセンサーを使用して土の状態や太陽の当たり具合などを取得して花に最適な状態を自動で作り上げます。またAFCの水がなくなった時はスマートフォンに通知が来ます。

    AFCの画像
  5. Happy Hacking賞

    GameAnHour

    英語過学習

    お母さんにゲームは1日1時間って言われているから,お母さんがお家にいない間にこっそりやりたい!そんな時にこれを使うと,お母さんがお家に帰ってきた時に教えてくれます.すぐさま勉強をしてるふりをすれば逆に褒められること間違いなし!!(怪しいデバイスを家に仕掛けたり,お母さんにGPSをもたせる必要も無いよ)

    GameAnHourの画像

発表会写真

Hack U 2019 NAGOYAとは?

「Hack U」はヤフーのエンジニア・クリエイター・プランナー社員陣サポートのもと、限られた期間の中で学生がプロダクトを自ら企画・開発・発表するイベントです。


「Hack U 2019 NAGOYA」では、発表会場である名古屋に来場可能な学生、生徒、児童の皆さんの参加をお待ちしております!
Hack U 2019は名古屋会場のほか、「仙台」「東京」「大阪」「福岡」でも開催します。)



開催概要

エントリー方法 connpassで申し込み
※2019年7月26日(金)をもってエントリーを締め切りました
開発期間 2019年8月1日(木)〜2019年8月20日(火)
なんでも相談会 2019年8月16日(金)  JRセントラルタワーズ50階 + オンライン実施
(エントリーチームに参加方法詳細をお伝えします)
発表会 2019年8月21日(水) 13:00-17:30頃 (終了は参加チーム数により変動)
JRセントラルタワーズ50階
参加資格 発表会場に来場可能な学生・生徒・児童(小学生以上)
  • 参加にあたっては参加同意書の提出が必要
  • 未成年の方は保護者の承諾署名が必要
チーム人数に関して 2名以上6名以下での参加とする
賞について 発表会では審査員が優秀作品を複数選定し、表彰と副賞を贈呈します。
  • 最優秀賞:技術、デザイン、アイデアが総合的に優れている作品
  • 優秀賞:技術、デザイン、アイデアの各面で優れている作品
  • Happy Hacking賞(投票賞):作品発表の後に行われる作品展示での会場投票1位の作品
  • ヤフー賞:ヤフーの技術やサービスを利用した優れている作品
発表会での審査基準
  • 新規性(技術や組み合わせのオリジナリティがあるか)
  • 技術性(利用している技術は高度か)
  • 発展性(将来どの程度の波及効果が期待できるか)
  • 再現性(アイデア、プレゼンテーションだけではなく実際に動くものがあるか)
審査員 ヤフー株式会社 社員
主催 ヤフー株式会社
公式SNS
問い合わせ hacku-pj@mail.yahoo.co.jp

ルール

  • 参加者は、発表会場に来場可能な学生、生徒、児童(小学生以上)とする。
  • 参加にあたっては参加同意書の提出が必要。(未成年の参加者は保護者の承諾署名が必要。)
  • 参加者は、2人以上6名以下でチームを組み、指定のエントリー方法で参加申込を行うこと。
  • 開発する作品は、ソフトウェア、ハードウェア、それらの融合など形態を問わない。
  • 発表する作品は、開発期間に出場チームメンバーによって作成されたオリジナルのものとする。過去に作成したものや、他のイベントで発表済みの作品を発表することは不可とする。
  • 開発する作品は、発表会場でプレゼンテーションが可能であり、作品展示時間にデモンストレーションが可能なものとする。(発火したり、極端に大きな音を発したり重いものでない。)
  • 開発する作品は、公序良俗に反したものにしない。
  • 開発する作品および発表資料について、OSSやAPIなどを利用しても構わないが、ライセンスを遵守すること。また著作権等には十分注意すること。(他者の著作物である漫画、CD音源、写真の無断流用等を行わないこと。)
  • 本イベントを通して達成された知的財産は、発明者自身(開発参加チームメンバー)が所持するものとする。
  • 本イベントの作品情報および制作過程や発表風景(写真・動画)は、主催者や取材媒体が広告宣伝活動に利用することがあり、参加者はあらかじめこれに同意するものとする。

技術サポート

  • 企画・開発・発表に関する疑問相談について、可能な限りヤフー社員(エンジニア・デザイナー・プランナー)がサポートします。

    • エントリー、開発期間前(担当サポーター決定前)の相談:随時hacku-pj@mail.yahoo.co.jpで受け付けます。
    • 開発期間中の相談:本イベント専用Slack上でオンラインサポートを行います。各チームのメイン担当サポーターが決まりましたら、お互い相談しやすいチャンネルで随時やりとりしてください。
本文はここまでです このページの先頭へ